本文へスキップ

トップエンジニア専門 話し方教室

技術士のトリビアPE trivia

技術士と解決速度10倍速

解決速度10倍速は、スペックを変えずにパソコンの速度を10倍にするのと似ています。
ハードウェアが同じなら、ソフトウェアとソフトウェアの動かし方を工夫することになります。
技術の問題では、人の能力は変わらないので、心の部分で10倍速を実現します。

では、数値で動く技術の世界で心の世界をどう使うのか?
疑問に思うかも知れません。

結論を言えば、両方同じです。
解析ツールはあるのに解決できない技術課題、様々なバリエーションがあるようでパターンが決まっている人の悩み。
「相手の心が分からない」は「技術(人ではありません)の考えていることが分かりません」と同じです。
だから、私は相手が人であろうと技術課題であろうと同じように心理学の視点で解決可能なのです。

具体的な手順は心理カウンセリングに似ています。
そこに効率化の手法(パレートの法則、目的設定)をプラスして解決速度を加速します。
(別途、C思考法として説明しています)

私はアウトプットに「苦労」の価値は認めていないので、解決に関係ないアプローチを飛ばして速く結果を出すことは良いことと考えています。
できなかったけど、徹夜して苦労したから勘弁して・・・って言われても、それで設備の性能がよくなるわけでも、安全になるわけでもないからです。
課題が速く終われば、空いた時間で次のお仕事をすることも、家族との時間を持つことも可能です。

では、これだけ便利なのに、なぜ普及していないのかと言えば・・・。
やっている人がいない。
私自身、心理学を始めたころは技術の課題そのものが心理学の視点で解けるとは思いもよらなかったのですから。

これから広がって貰えればと思います。

2016.06.01 -17.03.23


イメージ写真

SITE info.サイト情報

トップエンジニア専門
話し方教室

開設 2014.11.17

情報、お知らせ登録はこちら