本文へスキップ

自信と楽しい毎日が手に入るエンジニア専門の話し方教室

技術士のトリビアPE trivia

技術士のインナーチャイルド

インナーチャイルドは自分の中に感じる子供のイメージです。

私の場合は暗い空間の中に彼のいるところだけスポットライトが当たっているように見えます(私はもともと映像タイプなので、普段からいろいろなものを映像のイメージで見ています)。

インナーチャイルドは子供の頃のつらい思い出の記憶で、ここを癒して解消できると本来の能力が発揮できるという説があります。

私の場合は特段過去の感じはせず、何かを要求している感じでもない。
彼は話はできないのだけど、寂しく感じているか喜んでいるかの感情はダイレクトに伝わってきます。
インナーチャイルドが潜在意識を司っているのだとしたら、私の能力の90%は彼の協力に依っていることになります。
最近、感じるのは、何かの目標に向かう時、彼に相談して了解を得ると(必ず了解してくれるのですが)、格段に進行が速いということです。
そして、彼の嬉しそうな感情が伝わってきて私も嬉しくなります。

彼と一緒に喜びたい。
私の最近の願いです。

先日、彼は冒険に出かける格好をして満面の笑みで現れました。
嬉しかったですね。

インナーチャイルドは切っても切れない関係にあって、最も自分に近い存在(正確には自分の一部)です。
インナーチャイルドと仲良くし、彼を無償の愛で愛することは全ての根源であるし、インナーチャイルドを愛することは自分自身の意志次第で決められる最も実行しやすい行動です。

状態を良くするためのアファメーションが効かないという方が多くおられますが、私は本心から信じていないことを自分に言い聞かせることで潜在意識の拒否反応が起こっているのではないか、と考えています。
そういう方にはインナーチャイルドとの会話(ラポール)がいいと考えています。
これをやるべきだ、我慢すべきだなどと自分と戦うのではなく、まずは愛するところから。

皆さんもインナーチャイルドと会話してみませんか?
すぐ近くにいるステキな存在に感動すると思います。

2017.03.08


イメージ写真

SITE info.サイト情報

エンジニア専門
会話教室

開設 2014.11.17

→アンケート