本文へスキップ

自信と幸せない毎日が手に入るエンジニア専門の話し方教室

技術士のトリビアPE trivia

技術士の未来予測 達人レベルまで努力したエンジニアが報われる時代の到来

この先、インターネットなどの情報媒体の普及によって情報の価値低下していくと考えられます。

これ、約90%の人には厳しい世界ですが、10%の人にはかなりやりがいのある世界が実現しつつあると思います。

これまでは「知る」=「できる」のように思い込まれていましたが、「知る」と「できる」はリアルな世界では1桁くらいの質の違いがあります。
例えば、落語を暗記できても落語家ではなく、ピアノの弾き方を知っていても演奏家ではないのと同じ。
考えてみれば当たり前ですよね。

でも、現在、インターネットで売られている情報は落語の原稿だったり、ピアノの弾き方教本に相当するものが「あなたもできる」で販売されていたりします。
講師が身に着けていないのに売られているものも沢山あります。
これでは[できる」ようになるのは難しい。
「いい情報だけどちっとも効果が上がらない。何か変だ」と感じ始めている方も多いように思います。

ではどうすればいいか?
上記の例なら、落語家、音楽家などできてる人から「情報+その人に合った行動」の仕方をセットで教えてもらうことです。昔と違って教え方が進歩しているので、社会で役立つレベルなら数か月程度の短期間で習得できるはずです。

同様に、今後、我々エンジニアも「知識だけ」の専門家は価値(収入)が低下して、習得を指導できる専門家価値が上がると私は考えています。

つまり、立ち回りが上手い人ではなく、きちんと学び、達人レベルまで努力したエンジニアが報われる、ある意味、やりがいのある時代が実現しつつある、と私は感じています。
(その際、(皆がやっている)レッドーシャンの分野など「成果が上がらない」努力を選ばないことが重要です。)


これ、努力家の皆さんにはいい時代でしょ!?
夢を持って頑張ってまいりましょう!

※BEAMの目標です。

2017.07.30


イメージ写真

SITE info.サイト情報

エンジニア専門
会話教室

開設 2014.11.17

→アンケート